Column No.5

コットンは肌を傷めるって本当ですか?

正しい使い方と、正しい使用量を守れば肌を傷める心配はありません

コットンを使うと肌あれしそう……、というイメージを持っていませんか? コットンを使うと肌にどんな影響を与えるのか、皮膚科のドクターに解説していただきました。

コットンは肌を傷めるって本当ですか?

肌にとって避けたいのはとにかく摩擦。肌をこすっていませんか?

肌は摩擦に弱いもの。これは肌のお手入れをするうえで、覚えておきたい基本的な知識です。

「肌を摩擦することで、ごく弱い炎症が起こるのですが、その炎症はほとんど自覚症状がありません。そのうえ炎症による影響は、後々になってから赤みや色素沈着といった形で出てきます。女性の場合、スキンケアだけでなくメイクをする行為でも肌を摩擦しがち。ご自分では適度なお手入れをしていると思っていても、実際は力が強すぎたり、肌をこすってしまっている人が思ったよりも多いもの。できるだけ、そーっと肌を扱うことがトラブルを防ぐ基本中の基本です」(南青山皮膚科スキンナビクリニック・服部英子院長)

コットンを使うときに、注意したい2つのポイントをチェック!

そもそも、コットンの役割は化粧水や乳液を上手に肌に届けること。コットンを使ってお手入れするうえでの、アドバイスをお聞きしました。

「一つめは、使用量です。使用量が少ないと、すぐにコットンが乾いてしまいますよね。そうすると、うるおいが物足りない気がして、乾きはじめたコットンを何度も肌にすべらせてしまう。それで肌を摩擦している、ということがありがちです。とくに、これまで手でつけていた人がコットンを使い始めるときは注意が必要ですね」(服部先生)

コットンを使うときの使用量は、手でつけるときとは異なるという点を頭におきましょう。肌を摩擦しないですむ適量を使うことが大事です。

「そして2点めは、力を入れないことです。力が強いと、当然、摩擦がおきますから、炎症につながります。軽く圧をかけるのは問題ありませんが、ゴシゴシとこすったり、パンパンと音がなるほど強く叩いたり、という使い方は避けましょう」(服部先生)

服部先生によると、肌を刺激する原因はコットンではなく、使い方のことが多いとのこと。当たり前のように思えるけれど、正しい使い方を覚えて、実践することが大事なポイントです。

コットン使用を避けるべき肌は、基本的にありません

「敏感肌であったり、ニキビ肌であっても、基本的にコットンを使ってはいけない肌というものはありません。繰り返しになりますが、摩擦を起こさないことが基本中の基本です。その意味では、コットンでも手でも肌をついこすってしまうなら、コットンパックを取り入れるのも効果的ですね。また、うるおいを肌に届けるために、化粧水だけでなく乳液をコットンでなじませるのもいいでしょう。ベタつきが気にならず、まんべんなくなじませることができると思います。ただし、乳液をコットンづけするときも、十分な使用量を守ることがポイントですよ」(服部先生)

医学的に見ると、コットンを使ったからといって、肌が弱くなったり、薄くなるということはないそう。それでも、毎日、朝晩、繰り返す行為だからこそ、摩擦を起こさずお手入れすることを忘れないことが美肌を育てるポイントです。お手入れのたびに“こすっていないかな?”“力が入りすぎていないかな?”とチェックしてみましょう。

高品質のコットンを選ぶこともポイントに

「コットンを使う場合は、やはり肌に触れるものでもあるので品質をチェックすることも大事です。きちんと評価されているものを使うことが望ましいですね」(服部先生)

コットンの品質基準は、外箱に表記されているエコテックスマークで確認することができます。さらに「ザ・ギンザ特選」という表記に目をとめてみてください。この表記は、素材、製法、使い心地にいたるまで、コットンに対する品質へのこだわりを示したものです。お肌をいたわる気持ちにこたえたい、というザ・ギンザの願いが込められています

お話を伺いました

南青山皮膚科スキンナビクリニック
服部英子院長

医療機関向けの化粧品や最先端の美容知見・機器などを生かした診察が受けられるクリニック(保険診療も可)。安心感のあるカウンセリングが受けられるのもうれしいところです。

青山皮膚科スキンナビクリニック
はこちら